不妊症 鍼灸

原因は卵管障害だった?検査でわかる近年増え続けている不妊原因

卵管は卵巣から出た卵子を子宮まで運ぶ管の事で子宮の左右に10cm程度のが1本ずつあります。直径は狭いところで1mm程度。この卵管が何らかの原因で詰まっていたり、まわりの組織と癒着してしまっている事を卵管障害(卵管性不妊)と言います。

卵管障害になると卵子(受精卵)や精子がここを通れなくなってしまいますので、正常な受精が行われず不妊の原因となってしまいます。さらに子宮外妊娠の可能性も高くなってしまいますので、危険な症状といえます。この卵管障害は不妊症の30パーセントを占めるともいわれていて最近増え続けている不妊の原因でもあります。卵管障害には自覚症状がない事も多いのですが、強いて挙げるならおりものににおいや色がついていたり、発熱や下腹部通が出る事もあります。

卵管障害の原因として若い人に増え続けているのがクラミジア感染症です。患者数は15歳から30歳まで20代前半を頂点としてピークを形成しています。クラミジアの問題点は無症状または自覚症状に乏しい事。そして感染部が周辺組織と癒着してしまうことにあります。他にも子宮内膜症が卵管に起きた場合や過去に帝王切開や盲腸、腹膜炎などで開腹手術を行った場合に癒着が起きてしまう事があります。また、卵管水腫も原因となります。

治療法は、先ず卵管が通っているか否かを調べる事から始まります。子宮卵管造影検査と呼ばれるものですが、この検査をすると軽い卵管のつまりであれば解消される事があります。他に薬物療法や腹腔鏡下手術や卵管鏡下卵管形成手術もあります。ただ、癒着がひどくて治療が難しい場合や高齢出産などでより早い妊娠を望む場合には卵管を使用しない方法として体外受精を行う場合もあります。

不妊症に悩んでいる方をサポート!鍼灸で妊娠しやすい身体になろう

不妊に悩むカップルの数は増加の一途をたどっていて、積極的に医療を利用する人も増えています。そんな中で西洋医学だけでなく東洋医学にもその効果を求められるようになって来ました。世界的にも不妊症に対する鍼灸の効果は認知されてきています。

例えばデンマークでは体外受精の時に鍼灸治療を併用する人とそうでない人とを比較した場合鍼治療組はそうでない組と比べて12パーセント妊娠率が高くなったとの報告があります。2000年以降ドイツ、オーストラリア、アメリカでも同様の調査が行われていて、ドイツでは15パーセント、オーストラリアでは8パーセント、アメリカでは1.65倍妊娠率が高くなったとの結果が出ています。

これらのデータは鍼灸治療のみのデータではなく、西洋医学と併用出のデータですが、世界保健機関(WHO)も認めている通り有為の差はありますので、体外受精などと併用するのがいいでしょう。また日本国内において、西洋医学の従事者は鍼灸治療についてエビデンス(証拠・根拠)が存在しないおっしゃる方はいますが、最近では国内外の大学からこういった比較臨床データも出てきていますので、参考にされるといいでしょう。

その中で鍼灸治療を行うと子宮動脈などの血流改善がある事が証明されていて、機能性不妊の補助治療として有効との論文もあり、繰り返しの高度生殖医療でも妊娠しなかった難治性不妊症や不育症に対しても有効性が示唆されています。

鍼灸治療は不妊治療を開始する前でも始めてからでも効果があるという事も分かっていますので、積極的に利用してホルモンバランスや血液循環の改善をはかりましょう。

受胎の為に出来ること。不妊治療における手術とは

不妊治療の中には、場合によっては手術というのも選択肢に入ってきます。不妊の原因を物理的な手術で取り除ける場合や生殖器の病気が不妊原因になっていると考えられる場合、その部分を手術で取り除いたり癒着をはがすなど改善した上でタイミング指導や人工授精などを行います。不妊治療における手術療法としては、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術、卵管鏡下卵管形成手術、開腹手術が一般的です。

腹腔鏡下手術は、腹腔に視野確保のための空間を作るために炭酸ガスの注入と内視鏡の挿入をします。創の大きさも1〜2cmのものが数カ所で済みます。子宮や卵巣や腸などの臓器の外側を見る事ができるので、卵巣囊腫や卵巣出血や子宮内膜症や卵管性不妊などの骨盤内病変の診断や治療が可能です。従来の開腹手術と比べて創が小さいので手術後の痛みも少なく、腹腔内癒着の可能性も低くなり身体への負担が少ないです。保険も適用されます。

子宮鏡下手術は粘膜下筋腫や子宮内膜ポリープ、内隔子宮、子宮腔内癒着症など子宮の内部にある病変を子宮鏡(内視鏡)の先端にある電気メスを操作して取り除く手術で、膣を通じて子宮口から子宮鏡を通すのでお腹も子宮も切開しなくて済むため身体に負担が少ないです。ただ狭い子宮内腔での手術になるので全ての子宮内腔の病変が対象になるわけではありません。保険が適用される手術です。

卵管鏡下卵管形成手術は、卵管が詰まるなど卵子や精子が卵管を通る事ができない患者を対象にした手術でカテーテルという細い管を膣から子宮へ通し、内蔵のバルーンを卵管に通して膨らませて広げる事で卵管通過性を回復させる治療法です。子宮鏡下手術と同じく身体に負担が少ない方法で保険が適用されます。

開腹手術は内視鏡を用いた手術が一般的になる前からとられていた手法です。創が10cm以上になる事も多く、術後の回復に時間がかかったり、癒着が起きやすいなどのデメリットがありますが、手術中の視野の確保が一番しやすい事から上記の手術療法では病変を取り除ききれないと判断された場合などには開腹手術に移行する場合もあります。

妊娠を望む人は知っておこう!葉酸の重要な働きとは

葉酸は水溶性ビタミンB郡の一種でレバーの他にほうれん草や枝豆などの野菜に多く含まれています。アミノ酸やタンパク質の代謝に用いられるのでDNAの合成には不可欠です。つまり葉酸は精子や卵子にとって重要ですし、胎児が細胞分裂を繰り返して正常に発育する為にはなくてはならないものでもあります。特に細胞分裂が一番活発に行われる妊娠初期に葉酸が不足しますと神経管閉鎖障害(神経管欠損症)のリスクが大きくなります。

神経管とはそれが成長すると脳や脊髄などの中枢神経になる筒状のもので、これらが妊娠初期に細胞分裂を繰り返す事で脳や脊髄や眼などの様々な神経細胞が作り出されます。神経管の上部の細胞分裂が阻害されると脳がうまく発達できずに形成不全となり無脳症となります。無脳症はその名の通り脳のない胎児ですので頭部はほとんどありません。母親の胎内にいる間は生きていられますが、出産後に命をつなぐ事は不可能です。一方神経管の下部の細胞分裂が阻害されると二分脊椎となり、その部分の神経細胞は脊椎に覆われない奇形になるので神経障害がおきて下腹部の臓器の機能障害が起きたり足がうまく動かなくなったりします。

葉酸の摂取が特に重要となる妊娠初期ですが、第2週の頃などは母体に妊娠の自覚症状もほとんどないので妊娠に気付かない事も多々あります。一説によると着床の瞬間に二分脊椎は決定してしまうとの報告もあります。ですからこれから妊娠したい人はその日から積極的な葉酸摂取を心がける方が良いでしょう。

保険はきくの?きかないの?あまり知られていない不妊治療の種類

不妊治療を始めるにあたって、その治療に健康保険は適用されるのかどうか、あまり知られていません。実際に治療をはじめてその費用の本人負担額の大きさに驚かれ、負担に思われる方も大勢いらっしゃいます。

特定不妊治療の助成金制度というのはありますが、支給条件があって入籍している夫婦間の子供である事、指定医療機関で治療する事、年収など全ての人が受給できるわけではありません。現在日本全国で不妊治療費を助成したり保険適用にしようという動きが盛んになってきているので、くわしくはお住まいの自治体に問い合わせて下さい。

では実際のところ不妊治療にはどのような種類があって、費用はどれくらいかかるのでしょうか。不妊治療には大きく分けて一般不妊治療と高度生殖医療(ART)があります。この中の高度生殖医療に含まれる体外受精と顕微受精は先に述べてた特定不妊治療として助成制度があります。

一般不妊治療には、タイミング療法、排卵誘発剤による方法、卵管障害の治療、人工授精などが含まれます。高度不妊治療とは生殖補助医療(ART)すなわち体外受精と顕微授精の事を示します。一般不妊治療では妊娠が難しいと判断された場合に選択されます。また、原因不明の場合にも対象となります。

不妊原因を調べる検査やタイミング指導、排卵誘発治療などの一般的な検査と治療の多くには健康保険が適用されます。しかし人工授精、体外受精、顕微授精は適用されず、病院にもよりますが人工授精で一回1〜3万円。体外受精で20〜60万円、顕微授精で25〜80万円というところが多いです。

どこまでが本当?子供の授かりやすさと飲酒の関係とは

「百薬の長」「十の徳あり」と言われるお酒ですが、これから子供が欲しい人にとってはどうなのでしょうか。妊娠中に飲酒するとたとえそれが少量であっても胎児性アルコール症候群になるリスクがあることがわかっています。

胎児性アルコール症候群とは妊娠中に母体がアルコールを飲んだ影響が胎児に障害という形で現れる事をいいます。その障害は主に神経系に現れ、多動などの行動に現れたり、学習障害を持ったり、低体重などの発育不全になったりします。ただし、お酒を飲まなければ絶対に防ぐ事ができます。とはいってもいつから妊娠したのかはあとから分かるものですから、確実性を求めるならば子供が欲しいと思った時点から卒乳まで禁酒するのがいいでしょう。

では妊娠のしやすさに飲酒は関係するのでしょうか。飲酒が女性に与える影響としては、卵子の老化や身体の冷えやむくみなどが考えられます。男性に与える影響は、精子造成能力の低下、精子の奇形や運動率の低下、精子数減少が考えられます。

また、日頃から飲酒をしている人とそうでない人との比較では、飲酒をする人の方が妊娠率が低く、胎児の先天性異常や奇形のリスクも飲酒習慣がある人の方が明らかに高い事が分かっています。このリスクは母体だけでなく夫婦ともに飲酒しているとさらに高くなる事も分かっています。ですから、子供が欲しい夫婦の場合、女性だけでなく男性も日頃から禁酒する事で、妊娠の確率も上がりますし、妊娠してからも出産まで無事に育つ確率が上がるので、是非飲酒習慣を見直して下さい。

そんなところに共通点が?不妊症に悩む人に多く見られる事とは

不妊に悩む人には、幾つかの共通点があることがわかっています。

まずは極端に痩せていたり太っていたりすること。過度の肥満は排卵障害を招いてしまいますし、極端な体重減少は無月経になりやすいことも良く知られていますから、適正な体重になるよう調整されることをお勧めします。女性ホルモンの分泌量はたったの3キロ程度の体重変化で大きく変わってしまうのです。どのくらいが良いかというとBMI値で19〜25の範囲内におさめるのが良いでしょう。

次に冷え性体質であること。不妊を招く体質は身体の冷えが原因となるものが多いです。冷えがあるということは血液の循環が悪いということでもあるので、子宮や卵巣に酸素や栄養素やホルモン、免疫物質を運び込む力が弱く、老廃物など不要で有害な物質を排泄するという力も弱いということを示します。つまり血流量が少ないということは生殖器官の機能も下がり、その結果妊娠し難くなるということになります。卵巣や子宮への血流量が多い程卵胞の発育が良くなったり着床環境が良くなったりする事は多くの文献からわかります。

あと、性格的な共通点もあります。ストレスをためやすい人は自律神経が不調になりやすいので不妊症になりやすいとも言えます。完璧主義な人や自分を責める性格の人や物事を悲観的に考える人、責任感の強い人にもその傾向が見られます。不妊症と鬱との密接な関係については多くの報告が寄せられています。

つまるところ不妊治療において最も必要なのは、妊娠に耐えるだけの健康的な肉体です。それを手に入れる為に日頃から食生活を始め生活習慣を見直すようにしましょう。

あとからでは遅い!不妊治療を始める前に入るべき保険とは

もしかして自分たちは不妊症なのかも?そう考えた時にはまず何をしますか?原因を特定するために病院に行きますか?妊娠しやすい体にするための情報収集をしますか?そのどちらも大切ですが、一番最初にして欲しいのは、医療保険への加入です。実際に88・5%の方が不妊治療を始める前に加入しているとのデータもあります。

理由は、病院を受診してもし病気が見つかった場合、その後保険に加入しようとしても、加入時に判明している疾病に関しては保険が降りないことが多いからです。たとえ病気が見つからなかったとしても妊娠と出産にはトラブルがつきものです。こればっかりはそれまで健康だったのだから絶対大丈夫とは言えません。

めでたく妊娠は出来たものの、ひどいつわりで入院が必要になったら?切迫流産や切迫早産も予測はできません。以前は妊娠中毒症と言われた妊娠高血圧症候群もそれまで病気一つしたことのなかった人に現れることがあります。それに不妊治療によって子供を授かった場合、双子や三つ子等の多胎妊娠の可能性が増加します。不妊治療では自然妊娠と比べて早産や赤ちゃんの低体重のリスクが1.2~2.7倍高いとする妊婦約24万3千人の調査結果もあります。そうなってから入れる保険もあるでしょうが、著しく制限されることが多いです。

保険に入っているのと入っていないのとでは医療費の本人負担が大きく変わってしまいます。それに必要に迫られて慌てて入るのではないなら、よりご自分にあった保険サービスを選ぶことができるでしょう。

生理のトラブルが妊娠できない原因のひとつだなんて!

成人した女性であれば生活する上で月経(生理)とは切っても切れない関係がありますね。この月経のトラブルが重要な病気の症状である場合があって、不妊につながることもあります。これから妊娠したいと願うならば正しい月経の知識をしっかり身につけましょう。

ただ生理痛がキツイだけだと思っていたら、卵巣嚢腫だった。子宮内膜症や子宮筋腫だった。と言うのは割とよくある話です。程度にもよりますがそれが原因で流産を繰り返したり、妊娠できなかったりということもあります。

生理不順も同様に、排卵が行われにくいために月経周期が不安定だったりもするのです。排卵が正常に行われなければ自然妊娠はより難しくなります。無月経というのも要注意です。妊娠しているわけでもないのに、月経が3週間以上遅れているということは、生殖器にトラブルが起きていると考えられますので、早急に受信することをオススメします。無月経の原因としては極度の減量や過度の肥満、ストレスなど多岐にわたりますが、ホルモンの分泌が正常に行われていないためと考えられています。

その他にも生理がいつまでも終わらない(10日以上出血が続く)、月経血に大きな血のかたまりがある、過多月経などにも注意が必要です。子宮内や卵子の環境が整わないと、受精も妊娠も出産も難しくなります。

生理のトラブルがある人は、生理には個人差があるのだからこんなものだろうなどと軽く考えずに定期的に婦人科でチェックを受けるようにしましょう。これから子供が欲しいと考える人はなおさらです。

コウノトリがやってこないのは肥満のせい?肥満と不妊の関係とは

不妊の原因のひとつに肥満があると言われていますが、肥満だとどうして妊娠が難しくなるのでしょうか?

肥満だと多嚢胞性卵巣症候群になりやすくなります。多嚢胞性卵巣症候群とは排卵が起こり難くなる病気で、それによって月経不順や無月経がおこりやすくなります。また黄体ホルモン分泌バランスが崩れるので月経過多や出血が止まらないなどの症状も見られます。また男性ホルモンが増加するので月経不順を招いたり毛深くなったりもします。多嚢胞性卵巣症候群の人はインスリンへの感受性が悪くなってしまいますので血糖値や糖代謝に異常をもつ人が多いというデータもあります。

多嚢胞性卵巣症候群にならなくても肥満が原因でホルモンバランスが崩れると受胎能力も減少し、妊娠し難くなってしまいます。また、肥満によって身体(特に骨盤内)の血液循環が悪くなると、子宮内の環境悪化につながりますので、これもまた着床を妨げる要因になってしまいます。

そして、なんとか無事に妊娠したとしても、母体が肥満だと妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、血栓症のリスクが通常よりも高くなります。また、胎児の神経管閉鎖障害や巨大児のリスクが高くなる傾向がある事も分かっています。出産時にも微弱陣痛になりやすかったり、産道に脂肪がついていると大出血の恐れがあるので帝王切開になったりと、母体と胎児にとっての危険が続きます。

不妊に悩む人の場合妊娠する事が一番の目的となってしまって忘れがちですが、妊娠すると出産まで10ヶ月。出産後も数ヶ月間は育児に追われて身体に負担が多い時期が続きます。ご自分の為にも子供の為にも病気のリスクを減らせるように、BMI30未満を目指しましょう。